TOP > 友人・職場の同僚が、がんになったら > 患者さんの職場でのポジションを確保。過剰な気遣いが裏目に出ないように
 
友人・職場の同僚が、がんになったら

患者さんの職場でのポジションを確保。過剰な気遣いが裏目に出ないように

Q:

上司としてがん患者さんの職場復帰をどのように支援してゆけばよいでしょうか?

がん患者さんの職場復帰において、上司の方の理解と積極的なサポートは欠かせません。ところがあまり過剰に介入し過ぎると、患者さんの意向を踏みにじる結果につながることもあります。良かれと思ったことが傷つけているケースもあるため、注意が必要です。

荒木葉子先生

答えてくださる方

荒木 葉子 先生
荒木労働コンサルタント事務所
所長

プロフィールを見る

出来る限り患者さんの職場でのポジションを残す努力を

闘病中あるいは闘病直後の患者さんは、多くの場合、体力も精神力も罹患前に比べて低下しています。上司や職場の判断として、身体的、精神的に楽な仕事へ異動させるケースもあるでしょう。こうした異動で「自分は見捨てられた」とか「出世の見込みはなくなった」と感じて、落ち込む患者さんが少なくないのです。上司の方には、事前に患者さんとよく話し合い、本人の意向を確認して頂きたいと思います。新しい職務が、暫定的なリバビリ期間としてのものであるならば、そうした上司の方の心遣いや意向を伝えるようにして頂ければ、安心できると思います。

「がん」という病名を聞いただけで、「ああ、この仕事は無理かな」と判断してしまい、患者さんと十分なコミュニケーションを取らずに、今までの職務から外してしまうということは避けていただきたいですね。上司の方には、出来るだけ患者さんの職場でのポジションを残してあげるように努力してほしいと思います。

がんという病気の実態を知らないと、復帰する患者さんとどんなことを話題にして良いかも分からない、どんなコミュニケーションをとれば良いか分からないのかもしれません。そのためにも、上司の方や同僚の方が、がんという病気とケアについて正しく理解することが大切です。

ただし、今までの仕事が本当に困難というケースもあるでしょう。こういう時でも、事前に患者さんと話し合いお互いに納得の上で異動させることで、復帰する患者さんのストレスを軽減することができるはずです。

過剰な介入は避ける

患者さんの職場復帰に強い意識を持ち、熱心にコミュニケーションを取ろうとする上司の方もいます。こうした方が増えていくことは大変望ましいことですが、この際、目の前の患者さんの考えていることへの配慮がおろそかにならないように気をつけていただきたいと思います。熱心なあまり、患者さんの個人的なヒストリーを深く聴きとってしまう、主治医にコンタクトして患者さんの情報を聞き取ろうとされる上司の方もいます。上司が尋ねても主治医が語ることはあり得ませんが、患者さんのプライバシーを侵害することは避けて欲しいと思います。

上司は産業保健スタッフとのつなぎ手に

上司の方が、病気になった患者さんの職場復帰プログラムに通じていることは大変歓迎すべきことですが、産業医など医療スタッフへのつなぎ役を果たしていただくという方法もあります。いろいろな悩みや疑問に答える役目は産業医のような産業保健スタッフに任せ、上司の方は「こういう仕組みがあるから、1つ相談に行ってきてごらん」と患者さんを導く役回りに徹することで、うまく運ぶケースが多いようです。

また、組織内に既に復職システムが備わっているにも関わらず、そうしたルールを患者さんが知らないというケースもあります。患者さんによっては、「このまま休むと辞めなければならないのではないか」と大変悲観している方もいます。そうした患者さんに「会社のルールはこうですよ、安心してください」と説明して、混乱した頭を整理してあげることも上司の方の大切な仕事ですね。

 
掲載されている情報・データはあくまで一般情報であり、個別の患者さんとその治療に関して特定の治療法などを推奨したりするものではありません。治療に関しての判断は、主治医などの医療者とご相談のうえご自分でなさってください。バイエル薬品株式会社は、当サイトを読んだことが引き起こすことに関して一切の責任を負いません。
 
Last Updated: 2018/8/03L.JP.OH.09.2014.0841