TOP > 友人・職場の同僚が、がんになったら > 休職中に連絡するときは、まずは患者さんへのいたわりから
 
友人・職場の同僚が、がんになったら

休職中に連絡するときは、まずは患者さんへのいたわりから

Q:

治療のために休職している職場の同僚に連絡をとる必要がある場合、どんな点に気をつけたらよいでしょうか?

職場の同僚や部下ががん治療のために職場を休んでいるときに、連絡を取りたい、取らなければならないというケースがあるかもしれません。そのときは、まず患者へのいたわりを最優先にしましょう。仕事に関する連絡はその後にしましょう

荒木葉子先生

答えてくださる方

荒木 葉子 先生
荒木労働コンサルタント事務所
所長

プロフィールを見る

いたわりと安心感、そして職場との絆を

がんは身体の病気であると同時に精神にも大きな負担となります。がん患者さんには、メンタルな病気の患者さんに対するのと同じような配慮も求められるといえるでしょう。

メンタルな病気と異なり、がんという病気そのものが、上司との関係や職場環境と関連しているわけではありませんが、多くのがん患者さんが精神的に不安定な状態に置かれていることを考えると、上司の方や同僚の方には、患者さんを追い詰めないように配慮をしていただきたいと思います。がんになると、患者さんは心の不安定な状態が続き、それまで表に出ていなかった不安や不満が、顕在化することもあります。

まずは、「体調はどうか」という患者さんへのいたわりからスタートして患者さんの思いや不安を聞いてあげてください。「仕事は大変だけどなんとかするから大丈夫、ゆっくり療養して」と患者さんに安心感を与えると共に、「また元気に一緒に仕事をしよう」と職場とのつながりや絆を感じてもらうようにしてあげてください。患者さんにとって、自分の存在感や価値観の確認につながり、大きな勇気になるはずです。

職場の話を聞きたい患者さん、そうでない患者さん

患者さんのタイプとして、「会社のことが気になるので、聞かせてほしい」という患者さんと、「せっかく休んでいるのだから会社のことはまったく考えたくない」という患者さんの2つに分かれます。後者のように、考えたくないという患者さんには会社からのアプローチはなるべく避けていただきたいと思います。傷病手当金の給付手続きのために、休職期間など事務的な問い合わせをする必要がある場合には、家族の方に確認する程度に留めていただきたいと思います。

患者さんの気持ちを最優先して考えると、対応のポイントは患者さんによってまちまちです。

 
掲載されている情報・データはあくまで一般情報であり、個別の患者さんとその治療に関して特定の治療法などを推奨したりするものではありません。治療に関しての判断は、主治医などの医療者とご相談のうえご自分でなさってください。バイエル薬品株式会社は、当サイトを読んだことが引き起こすことに関して一切の責任を負いません。
 
Last Updated: 2018/8/03L.JP.OH.09.2014.0841