TOP > 友人・職場の同僚が、がんになったら > 患者さんが要望しやすい職場の雰囲気づくりを
 
友人・職場の同僚が、がんになったら

患者さんが要望しやすい職場の雰囲気づくりを

Q:

同僚ががん治療から復帰しました。
職場としてどんなことに気を配ればよいでしょうか。

がんは、治癒して社会や職場に復帰できることの多い病気になりました。しかし、患者さんは病気以前の身体状態まで100%回復しているわけではなく、「同僚や上司に言えない悩み」を抱えながら日常生活を送るがん経験者も少なくありません。「会社の人には言ってもしょうがない」というあきらめに陥らせない職場の姿勢が大切です。

坪田由紀子先生

答えてくださる方

坪田 由紀子 先生
聖マリアンナ医科大学病院
総合相談・医療連携センター
(がん相談支援センター)
ソーシャルワーカー

プロフィールを見る

「具合はどう」と積極的に尋ねる

がんの治療を終わって、元気に社会や職場に復帰した“元患者さん”を見ることは珍しいことではなくなりました。がんは今や社会や職場に復帰できることの多い病気になったともいえるでしょう。

しかし、元気になったといっても、元の体力レベルまでに回復しているわけではありません。手術や放射線治療、あるいは化学療法は患者さんの身体に大きな負担をかけます。最近では、手術後、通院しながら化学療法や放射線照射を受けている患者さんも珍しくありません。このような患者さんは復職しても、疲れやすいなどの不調を常に抱えています。

「疲れやすいので、昼休みの間だけでも横になっていたい」と思うこともあるでしょう。しかし多くの職場ではそこまで配慮できていません。患者さんも遠慮もあり「言っても無駄」とあきらめて、人知れず我慢しているケースが多いようです。同僚や上司(特に会社組織では上司の役割が重要です)が「具合はどう」と積極的に尋ねてみることが必要です。もし我慢しているようだったら、改善できることから手を打っていく。そうすれば、患者さんからも積極的に「こうしてほしい」と要望しやすくなります。

罹患をきっかけに人事異動する場合

体力的にもとの仕事がきついときは、場合によっては職場や職種を変える必要が出てくるかもしれません。このときは、患者さんの意向にも耳を傾けることが大切です。思いやりだとしてもいきなり異動させて、患者さんを追い詰めてしまうことが時折あるようです。「体がきつそうだから、外勤が多い営業から、内勤主体の事務職に職場を異動させた」。上司が、本人のためと思って行った人事異動が、患者さんに、「出世競争からもれた」「会社は自分を必要としていない」などの悲観的な気持ちを抱かせてしまうことがあります。

会社は能力に合った職場や職種を社員に与えることが普通ですが、一歩間違えると、これが患者さんにとって心理的に大きなストレスになる可能性があることも職場として理解しておくべきでしょう。異動などで、今までより収入が下がる場合はことさらです。異動を考慮する際は、患者さんの“本音”に、十分に配慮する必要があります。

中立的なソーシャルワーカーへの相談を

「出世に響く」「リストラされる」という心配から、職場の上司に十分な説明ができていない患者さんも多いものです。特にリストラは生活不安に直結する問題です。企業も営利団体ですから、患者さんの意向に完全に沿うことはできないこともあるでしょう。どのように対応すれば良いかを1人で考えていても、良い答えが得られるとは限りません。ソーシャルワーカーは患者さんからも職場からも利害関係がない中立的な存在で、多くの知識を持っています。ぜひ困ったときには相談員に相談してみることをお勧めします。選択肢が拡がるかもしれません。

 
掲載されている情報・データはあくまで一般情報であり、個別の患者さんとその治療に関して特定の治療法などを推奨したりするものではありません。治療に関しての判断は、主治医などの医療者とご相談のうえご自分でなさってください。バイエル薬品株式会社は、当サイトを読んだことが引き起こすことに関して一切の責任を負いません。
 
Last Updated: 2018/8/03L.JP.OH.09.2014.0841